お金を借りるための審査で確認される項目と必要なもの

お金を借りるうえで避けては通れないのが審査です。審査についてはその業者によって必要な書類や内容、さらには審査基準も異なるものですが、ここでは一般的な項目について確認してみましょう。まず必要書類ですが、運転免許証などの身分証明書が必須となります。

 

身分証明書として使用できるのは運転免許証のほか健康保険証やパスポートなどですが、

 

顔写真入りのほうが望ましい

 

傾向にあります。そのため、できれば健康保険証よりは運転免許証やパスポートを用意したほうが確実といえるかもしれません。最近では詐欺などを防止する目的からどの業者でもセキュリティを強化していることもありますので事前に確認しておくと良いでしょう。

 

次に、実際の審査の内容についてですが、主に確認される項目としては年収の有無とその金額、既存借入の有無とその金額、そして勤続期間です。お金を借りる先としては消費者金融や銀行など様々なところがありますが、こうした情報については必ず確認される項目です。

 

お金を借りる側も返済できるかどうかというのは不安に感じる部分

 

ですが、これは実際に融資を行う業者側も同様であり、融資を行った相手が返済してもらえるかどうかという部分の判断材料としてこうした項目が審査されます。特に注意したいのが勤続期間であり、入社して日が浅い人の場合は審査が通りにくいケースが考えられます。

 

以前までは各業者ともそれほど勤続期間を重視していなかったのですが、最近では長引く不況の影響からこうした部分を審査で確認する業者が増えており、特に消費者金融で顕著となりつつあります。

 

勤続期間についてはおおむね半年以上であれば特に問題はないかと思いますが、他からの借入などがない状態でも審査に通らない場合には勤続期間が原因の可能性が高いといえます。

 

こうした勤続期間が原因で審査に通らないということであれば、一定時間が経過することで状況が変わりますので、お金を借りる時期を先延ばしにするのもひとつの選択肢といえるでしょう。